ラム肉ドッグフードの効果とメリット・デメリット・注意点を全て網羅

ラム肉

ラム肉が犬の食材に良いというのは何となく分かっているのだけど、
どんな効果があるのか?
具体的に何が良いのか?
注意点デメリットは?
そんな疑問にお答えするページを作成しました。
愛犬の体調がちょっと気になる飼い主さんはぜひ、見ておきたいページです。
管理人
ラム肉とは生後1年未満の羊肉のこと。牛や豚などに比較してアミノ酸・鉄分・ビタミンが豊富、低カロリーが特徴です。

なぜドッグフードにラム肉が良いのか?

ドッグフードにラム肉が良い理由

ラム肉のアレルギー対策

ラム肉(羊肉)は高たんぱく、低カロリーで栄養価が高い肉です。
ラム肉は他の肉よりカロリーは低く、たんぱく質が多いため通常食として長期に与える食材としては最適の肉と言えます。

また、ラム肉には魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸や、オメガ6脂肪酸などの不飽和脂肪酸が肉類としては珍しくたっぷり含まれているので、

アレルギーを抑える効果
皮膚を健康に保ちキレイな毛並みを作る役割も果たします。
この不飽和脂肪酸が涙やけなども改善できる成分なのです。

ラム肉にはビタミンB群や鉄分、カルシウムも豊富に配合されているので、犬がラム肉のドッグフードを食べることで

ラム肉丈夫な体

質の良い血液

そして強い骨

を持った健康な体に生まれ変われます。

ラム肉のダイエット効果

ラム肉は他の肉と比べてカロリーが低く太りにくい肉です。

ラム肉は体を温める作用があり、その効果で内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果も生まれます。

そしてラム肉に脂肪燃焼効果があるL-カルニチンを多く含んでいることです。

さらに不飽和脂肪酸の働きで、血中コレステロール値を下げることで脂肪を分解するため、ラム肉はダイエットに最適な食材なのです。

シニア犬・老犬にも最適

犬 アレルギー対策ラム肉は上質で多くのたんぱく質が含まれているため、少量の摂取でも十分なたんぱく質を摂ることが出来ます。

シニアの場合、消化機能の低下、食が細くなるなどがあるので小量から良質なたんぱく質を得ることが大事なのです。

ただし、筋肉量・活動量が落ちるシニア犬や老犬は、若い成犬にくらべて必要とするエネルギーが少ないので給与量を20~30%少なく調整を行ってください。

ラムのデメリット

ラム肉は高額になる

ドッグフードアレルギー対策
ラム肉
は鶏肉や牛肉などに比べて日本の食文化に浸透しておらず、国内の流通量が少ないため、必然的にコストが高くなってしまい、ドッグフードになった場合でも値段が割高になってしまいます。

しかし、考えかた次第ですが、病気になって多額の治療費が掛かってしまう事や早くアレルギーが直ることを考えればある程度は致し方ないと思えます。

ラム肉と他の肉との違い

ラム肉アレルギー

ラム肉は高いダイエット効果とアレルギーになりにくい

牛肉や豚肉の脂肪は32~33℃で消化吸収されるのに対して、ラム肉の脂肪は42~42℃まで上がらないと消化吸収されないのです。つまり体温では消化吸収され難いため他の肉と比べて太りにくい、ダイエット効果のある食材なのです。

ラム肉は低コレステロール、低飽和脂肪酸であり栄養価に優れています。
ラム肉は体を温める作用があり、内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果も生まれます。

カロリーだけ見るとラム肉より鶏肉の方が数値が低いのですが、ラム肉には脂肪の燃焼を助けるL-カルニチンL-カルニチンを多く含んでいるためダイエット効果が高いのです。

肉種類 ラム肉 牛肉 豚肉 鶏肉
カロリー 227kcal 371kcal 386kcal 200kcal
タンパク質 18g 14.4g 14.2g 16.2g
脂質 1.6g 32.9g 34.6g 14.0g
カルシウム 7mg 4mg 3mg 5mg
鉄分 1.5mg 1.5mg 0.6mg 0.4mg
炭水化物 0.1g 0.2g 0.1g 0.0g

ラム肉は食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です。牛、豚、鶏肉などの肉と比べても安全な肉と考えて良いでしょう。どちらが愛犬に合うか、少量から試して見ると良いでしょう。

ラム肉のドッグフードの選び方

1.主原料の最初がラム肉である

ドッグフードの販売ページを確認して主原料を確認しましょう。主原料の最初に書いてある原料がラム肉になっていれば原料の中の中心がラム肉になっているはずです。こちらを基準にしましょう。

ナチュラルドッグフードのように生ラム肉であるとラム肉の良さをより引き出します。

2.無添加や人工添加物不使用を選ぶ

日本のドッグフードは海外の基準より甘い部分があり、危険な添加物が含まれている場合があります。

ラム肉のドッグフードを選ぶ際は、無添加や人工添加物不使用と書かれていることを確認して、添加物が含まないものをましょう。

3.原料の産地を確認する

ラム肉のドッグフードを選ぶ際は、ラム肉以外の原料の産地も確認しましょう。

ラム肉だけ安全でその他の原料が不安なものであったら問題ですよね。公式ホームページに記載が無かった場合には、メーカーに直接電話で確認してみると良いでしょう。

管理人
ラム肉を使っていれば何でも良いという訳では無いのです。

ラム肉のドッグフードの与え方注意点

ラム肉注意
ラム肉をシニア犬に与える場合、一般のシニア向けドッグフードと比べ、高カロリーになりがちです。

一般のシニア向けドッグフードはカロリーを押さえるため穀物を多く含めてあるのです。そのため同じ量を与えると体重が増えてしまうことがあります。

なので体型の変化を良く見ながらドッグフードの給餌量を調整することが必要です。

ラム肉ナンバーワンのドッグフード

まとめ

いかがでしたか?ラム肉はアレルギーになり難く、低カロリーかつ有効な栄養素を摂ることができるとっても良い肉のドッグフードです。ぜひお試しください。

値段は少々高めになりますが、安心して与えられるドッグフードとして選択の一つに入れてみるのも良いのではないでしょうか?

また、全てのドッグフードを切り替えるのではなく、同じ素材を摂りすぎてアレルギーにならないように、ローテーションの一つに加えるのも賢い方法です。

管理人
他の肉では得られない沢山のメリットを持つラム肉を使用したドッグフードは、愛犬の健康作りにも役立ってくれそうですよね。

生ラム肉ドッグフードの
ナチュラルドッグフードの口コミ

トップへ戻る
error: