ナチュラルドッグフードVS肥満ケアフード【ダイエット効果の比較】

ナチュラルドッグフード ダイエット効果

愛犬が太ってきた場合、どんなフードが良いか悩みますよね。
市販の体重ケアフードが良いのか、ナチュラルドッグフードのようなプレムアムフードが良いのか?
そんな悩みを解消できるよう、今回はナチュラルドッグフードのダイエット効果についてまとめます。
管理人
ナチュラルドッグフードはダイエットに良いはずですが、市販の体重ケアフードと比べたらどうなんだろう?興味沸くわね!

ナチュラルドッグフードVS体重ケアフードのダイエット効果比較

市販で有名な2社「サイエンスダイエット」「アイムス」のダイエット用フードを調査して、ナチュラルドッグフードと比較してみましょう。

サイエンス・ダイエット 減量サポート 小粒 小型~中型犬用 1歳以上

原材料の調査

危険性のある物や望ましくない物は赤字にしてあります。

原材料
小麦コーングルテントウモロコシ、トリ肉(チキン、ターキー)、エンドウマメ、セルロース、トマト、トリ肉エキス動物性油脂、亜麻仁、ビートパルプ、ココナッツ油、ポークエキス、ニンジン、米、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン、リポ酸

原材料は残念ですが体に良くないアレルゲンになる「小麦コーングルテントウモロコシ」、不安な原材料である「動物性油脂トリ肉エキスビートパルプ」が含まれています。

管理人
残念ですがアレルギーを誘発する穀物中心のフードですね。

肉類を抑えて穀物を中心としてカロリーを下げているようです。トリ肉エキス、動物油脂、ビートパルプはどんな粗悪な原材料か分からないので、怪しく危険な香りがします。

アイムス (IAMS) 成犬用 体重管理用 チキン 小粒

原材料の調査

原材料
とうもろこし小麦、肉類(チキンミール家禽ミール)、動物性油脂乾燥ビートパルプ家禽エキス、乾燥卵、STPP (トリポリリン酸塩)、ひ まわり油、フラクトオリゴ糖、フィッシュオイル、L-カルニチン、ビタミン 類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビ オチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、クロライド、セレン、銅、ナ トリウム、マンガン、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤 (BHABHT、クエン酸)
原材料は残念ですが体に良くないアレルゲンになる「とうもろこし小麦」粗悪な「チキンミール、家畜ミール、乾燥ビートパルプ」、危険な保存剤のSTPPBHABHT」が使われています。

管理人
ダイエットに取り組む前に危険な原材料が含まれていること、アレルギー物質がメインになっている点があり、気になってしまいます。
リン
2つのメーカーともプロモーションビデオはとっても良いので残念だワン

ナチュラルドッグフードと体重ケアフードの成分比較

表にしてナチュラルドッグフードと比較してみました。
ブランド カロリー
100g中
粗タンパク質 粗脂質 粗繊維
ナチュラル
ドッグフード
339kcal 20.0% 12.5% 6.0%
サイエンス
ダイエット
318kcal 22.0% 9.0% 15.0%
アイムス 360kcal 21.0% 8.5% 4.0%


ナチュラルドッグフードのカロリー、たんぱく質、脂質、粗繊維とも数字だけみると、ほとんど僅差で成分の大きな違いは無いように見えます。

ただし、大きな違いは原材料にあります。
ナチュラルドッグフードは、身体によく栄養が豊富なラム肉が55%も使用されています。
肉メインのフードでダイエットフード同等の数字を出している理由として、ラム肉は他の肉よりカロリーは低く、たんぱく質が多いためなのです。
ラム肉は体を温める作用があり、内臓機能や代謝機能が活発になることでダイエット効果も生まれます。

そしてラム肉に脂肪燃焼効果があるL-カルニチンを多く含んでいることです。

さらに不飽和脂肪酸の働きで、血中コレステロール値を下げることで脂肪を分解するため、ラム肉はダイエットに期待できる食材なのです。

つまり、市販のダイエットフードと同じ効果を、栄養が高く安全にダイエット効果が期待できるのではないでしょうか。

ナチュラルドッグフードの原材料や危険性の記事

ダイエット効果のまとめ

あなたは愛犬が1から2キロ程太ったとしても、それがどれほど健康に影響を与えるか考えないかもしれません。

しかし体の小さな犬にとっては20%の体重増加で、骨関節炎、糖尿病、心臓病、尿路結石といった深刻な問題を引き起こす可能性が高まってしまいます。

しかも太っていることは、生活の質や健康面に悪影響及ぼすだけではなく、正常な体重の犬と比較して寿命を縮めてしまうことがあります。

愛犬には長生きして欲しいですよね。あなたの判断で愛犬の寿命を縮めてしまっているかも知れません。今が改善のチャンスです。

アランズナチュラルドッグフードのさらに詳しい記事

トップへ戻る
error: