ナチュラルドッグフード【5つのデメリット】後悔しない全解消方法!

ナチュラルドッグフード デメリット

ナチュラルドッグフードって良い情報ばかりで、デメリットなど悪い情報はあまり公表されていないようです。
しかし、思わぬデメリットがあって、購入後に後悔してしまうかも!
そこで今回は、ナチュラルドッグフードの【デメリット】について調べ、見つかったデメリットについては解消方法を解説します。
管理人
購入前にデメリットはチェックしておきたいですね。

ナチュラルドッグフードのデメリット

フードの切り替えに手こずる場合がある

ナチュラルドッグフードは自然素材を利用した無添加のドッグフードです。

大半のワンちゃんはすんなりフードの切り替えが出来るのですが、市販の人工的に味付けをしてあるフードに慣れてしまったワンちゃんの場合、まれに「食べない」現象があります。

また、ナチュラルドッグフードは人工保存料の代わりに自然なハーブを利用して長期保存を実現しています。

そのハーブの独特な匂いに馴染めない少数のワンちゃんは「食べない」ことがあります。

原因と対策

主にフード切り替えの際に
いきなり全部切り替えてしまう
半分くらいナチュラルドッグフードを従来のフードに混ぜてしまう
など誤った方法が原因です。
フードの切り替えは、10~20%程度を今までのフードに混ぜて少しずつ慣らしてゆきます。下図のようにメーカー推奨は5日間掛けて切り替えるように指定されていますが、中々慣れない場合は、1~2週間くらい掛けてゆっくり切り替えるようにしましょう。
ナチュラルドッグフード与え方

数回、ワンちゃんが食べなかっただけで、あきらめてしまう方がいますが、本当に残念です。

愛犬の健康を考えるなら、何度もチャレンジして健康な体つくりを目指してあげてください。

管理人
ただし、これは少数のワンちゃんの場合で、大半のワンちゃんの場合はあまり細かく気にしなくても、簡単に切り替えられますよ。
リン
わたしは初回から全部ナチュラルドッグフードでOKでした♪

食べない時の詳細記事
⇒ ナチュラルドッグフード【食いつき具合】と【食べない】時の対処法!

市販されていない

ナチュラルドッグフードはホームセンターやドラッグストアーなどでの店頭販売は一切ありません。

基本的には「公式サイト」での通販で購入することになります。一部アマゾンでも購入可能ですが割引が一切ないので全くお勧めできません。

確かにホームセンターやドラッグストアーで販売が無いと

  • 直ぐに手に入らない
  • 通販のWEB入力が面倒

という問題があります。

対策

公式サイトで購入する場合は、定期購入という便利な方法があります。
定期購入は1回注文した内容で、定期的に商品が送られてくる仕組みです。
注文のサイクルは後から変更が可能で、最大で約3か月に1回というサイクルにすることも可能です。

この定期購入を利用することで、毎回WEBで注文する手間も必要無くなります。

管理人
これなら、毎回、ホームセンターやドラッグストアに買い出しに行く必要もありませんね。

高価なプレミアムフードは通販だけで販売することがほとんどなのです。

指定の給餌量が少なく満腹感が少ない

ナチュラルドッグフードは市販のフードに比べて栄養価が高いので給餌量が少なめになっています。
(ナチュラルドッグフードは市販品の半分から2/3程度の給与量)

給与量(給餌量)の詳細記事

そのため市販のドッグフードに慣れてしまったワンちゃんの場合、餌の量が急に減ってしまって、満足感が無くなってしまう場合があります。

対策

1項目目と同じになりますが、既存のフードに混ぜて与える期間を長めに取って、徐々に量を減らしてゆくようにしましょう。

長期に時間を掛けて移行すれば、少量で満足できる体になってゆきます。
そのため、愛犬にお代わりの催促をされても、じっと我慢をさせることが必要です。

リン
慣れてしまうと、市販のフードを食べなくなるよ!
美味しくないからね。

価格が高め

ナチュラルドッグフードを市販のフードと比較すると確かに金額の差があります。

例えばサイエンスダイエット原料サポートなら、1kgあたり1,000円程度で購入が可能です。

しかしながら、同じレベルのプレミアムフードで比較するとほぼ同じ金額なので、特別にナチュラルドッグフードだけが割高ということはありません。(下表参照)

ブランド内容量通常
購入
定期
コース
体重4kg
1日の
給餌料
体重4kg
1日の
餌代金
サイエンス
ダイエット
2kg2,045円90g73.8円
ナチュラル
ドッグフード
2kg3,960円3,564円80g142円
カナガン2kg3,960円3,564円80g142円
モグワン1.8kg3,960円3,564円90g178円
オリジン2kg6,480円70g227円
デイリー
スタイル
1kg3,980円80g318円
みらいの
ドッグフード
1kg5,400円80g432円

ナチュラルドッグフードの場合は体重が4kgのワンちゃんの場合、1日約142円です。

管理人
コーヒー1杯程度の金額で健康維持が出来るので、見方を変えれば安いですよね。

ちょっとした病気にかかって手術になってしまったら、30万~60万円くらいかかる場合が多いのです。

サイエンスダイエットからナチュラルドッグフードへ変更しても1日80円と違いません

リン
大きい病気になったら、痛いし、入院やだなぁ~

月齢7か月未満に使えない

ナチュラルドッグフードの適応は月齢7か月以降となっています。

この理由は7か月前に与えてしまうと、子犬に害があるわけでは無く、
子犬は成長期のため高タンパク質で高カロリーなフードが向いています。

アランズナチュラルドックフードはタンパク質が20%なので、子犬が食べても大きな問題はありませんが、もう少し高カロリーなものをお勧めしているのです。

そのため、7か月未満は「カナガン」のような高カロリーの物がお勧めです。
カナガンの詳細

子犬を引き取るのが3か月目くらいなので、3から6か月の4カ月程度は「カナガン」を与え、それ以降にナチュラルドッグフードへ切り替えると良いでしょう。

カナガンはナチュラルドッグフードと同じ価格です。(まとめ買い価格は若干異なる)

リン
成長期は「カナガン」がおすすめワン!

子犬のフードに関する記事
ナチュラルドッグフードは子犬・幼犬・パピー犬に与えても良いの?

ナチュラルドッグフードの5つのデメリットのまとめ

ナチュラルドッグフードの5つのデメリットは対策を行えば全く問題ない物ばかりでした。

そのため安心してご購入して頂けます。

相反するメリットは、

ラム肉を中心として人が食べられる品質の原材料を使っており、人工添加物を使用しないため、安心して与えられる。

アレルギーになりやすい原材料は一切使用していない。

太りにくい特性のラム肉を使用することで、肥満対策が行える。

消化機能を高める食物繊維を配合し、お腹の調子を整える。

ラム肉含まれるカルニチンや不飽和脂肪酸によってワンちゃんの体を活性化し、生活習慣対策にもなる。

このような高いメリットが多数あります

デメリットが全く気にならないほど強力なメリットですね。

若いうちはフードに関してあまり気にならないですが、しっかり食事を厳選することでシニアになったときの差が大きいです。

これを機にドッグフードを見直してみると良いかと思います。

リン
プレミアムフィードは、味はあまり変わらないかもしれないけど、シニアに立った時に不自由な体になるのは嫌だよね!

ナチュラルドッグフードをアレルギー犬が40日食べた結果はこちら

トップへ戻る
error: