犬の背中のかさぶた・湿疹はアレルギーの可能性が大!対処法はココ!

背中かさぶたが出来る現象や湿疹ができることがあります。
初めてのことで何かの傷か虫刺され?と思ってしまいますよね。実は背中のかさぶた・湿疹は食物アレルギーの可能性が高いです。
この原因と対策をまとめました。
管理人
背中のかさぶたはアレルギーの可能性が大です。

犬の皮膚のかさぶたと皮膚病の原因

犬の背中のかさぶた
かさぶたは正確には痂皮(かひ)といい、皮膚の表面にできる乾燥した血栓のことです。

犬がかさぶたができる主な原因は、主に以下になります。

・アレルギー

・皮膚病

・シャンプーの影響

・乾燥肌

犬は被毛で覆われているので、気が付きにくいので、時々掻き分けてチェックしてあげると早めの対処が出来ると思います。

アレルギーによる犬のかさぶたと皮膚病

犬の背中のかさぶた

アトピー性皮膚炎

アトピー性の皮膚炎は代表的な皮膚炎であり、アレルギー性皮膚炎の中でも遺伝による影響が大きいことが多いです。

アレルゲンとなる物質には、肉類、穀物、乳製品、卵などがあり、またハウスダストノミ・ダニなども原因になります。

症状として皮膚だけでなく嘔吐や下痢などを併発する場合があります。

食事の改善抗生物質の投薬かゆみ止めの処方・薬用のシャンプーなどで対応します。

膿皮症

皮膚の抵抗力が落ちて皮膚の常在菌が過剰に増えることで皮膚が感染を起こして炎症などを起こします。
そのほか、シャンプーに過敏に反応しておきることもあります。

皮膚を清潔にして、皮膚の抵抗力を保つようにしましょう。
状況が酷い場合は必ず医師の診断を受けましょう。

食物性アレルギー

アレルギーによる犬の皮膚炎で、増えて来たのが食物アレルギー性の皮膚炎です。

これはアレルギーの原因である食材に触れたり食べたりすることで皮膚炎になります。皮膚炎のほかにも発熱・嘔吐・下痢など様々な症状に現れます。

食物アレルギーの代表である食材はこちらになります。

牛肉、豚肉、鶏肉、トウモロコシ、小麦、乳製品、大豆、鶏卵、人工添加物、香料、防腐剤、着色料

こちらは代表の食材なのでこれ以外でもアレルギーを発症する場合があります。

アレルギーの原因を探る

口コミ・評価・評判食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は動物病院の検査で確認することが出来ます。費用は高額ですが、アレルギーの原因がわかることで対処や予防をすることが出来ます。
しかしながら、病院の検査でも食物アレルギー反応が出ないのに、実際は食物アレルギーだったりすることもあります。

そのため、アレルギー体質の犬用のフードも様々ありますので、試してみて湿疹が治まれば食べ物の中にアレルゲンがあったと考えて良いでしょう。

ハウスダストやダニなどもアレルギーの原因になりますため、部屋をいつも清潔に保つことで予防することが出来ます。

管理人
わたしの愛犬も動物病院のアレルギー検査ではハウスダストしかアレルギー反応が出なかったのですが、別の病院へ行ったら背中の湿疹なので食物の疑いがあるとのことで、アレルギー体質用のフードにして直りました。

まとめ

皮膚病はなかなか治らず長期化することが多いです。かさぶたを見つけたら早期発見で広がる前に対処しておくと良いでしょう。

最初は小さくても全身に広がると犬自身の負担も大きくなってしまいます。

なお、今はアレルギーに掛かっていなくても、ある日突然アレルギー症状が現れることがあります。

そのためドッグフードをアレルギー対策のものにして備えておくのも良いでしょう。

リン
わたしも食物アレルギーだったみたい。このフードでキレイになったよ!

今はキレイになったリンの背中。

利用者からも信頼されているアレルギー対策のドッグフードはこちら

トップへ戻る
error: